事業案内

最先端のテクノロジーを駆使し、
フレキシブルな生産管理システムの開発に取り組んでいます。

生産管理システムの高度化に即応し、CAD・CAM(コンピュータ設計・生産システム)、CR(コストリダクション)、VE(バリュー・エンジニアリング)など、最先端のテクノロジーや手法を導入するとともに、電子応用デバイス(装置)等の実験、評価装置の研究開発、自動制御装置の開発および製作などに取り組んでいます。 開発テーマは、物性・耐性などデバイスの特性評価、アルゴリズム(算法)の開発、評価法の研究など多岐にわたっています。

設計・施工管理の受注

本社及び全営業所に電装技術部と施工班があり、それぞれ東海地区・九州地区・関西地区での設計・施工管理をしています。
また関連会社TIFPにて東南アジア地区での設計・施工管理・SV業務を受け持っており、国内外のあらゆる地域のお客様のニーズに対応できる、設計者・施工者の体制を整えています。

営業部 受発注業務報告風景

開発会議の実施

コストダウンやスピードアップなど、得意先からの意向に添うべく、電技部CR・VE提案プロジェクトを中心に、これまで長年にわたって蓄積してきたノウハウと経験、技術情報を生かし、豊田電気ならではの価値ある提案を含めた開発会議を繰り返し、大きな成果をあげています。

TV会議風景

CAD・CAM

開発会議での基本方針を受けて、設計・施工管理のための図面づくり、プログラムづくりは、製造現場を熟知した専門の設計者が行います。

電装技術部 設計風景

これまでに蓄積してきた経験とノウハウが
さまざまな生産現場で大きな威力を発揮します。

豊田電気では、CAD・CAM、CR(コストリダクション)、VE(バリュー・エンジニアリング)というような最先端の開発テクノロジーや手法を導入するとともに、生産ラインの設計・施工管理でこれまでに蓄積してきた多様な技術情報を保有しており、この経験とノウハウこそが、スピードアップ、コストダウンといった、さまざまな生産管理の分野での課題解決に威力を発揮します。

生産現場の声に耳を傾け、
課題解決に向けて知恵を絞る現場第一主義を貫いています。

豊田電気は、生産ラインのシーケンス制御、電気制御およびコンピュータ管理システムの開発・設計から製作・施工、メンテナンスにいたるまで幅広く対応しており、産業界のあらゆるニーズに、的確にお応えしています。

先頭へ戻る
メニュー
閉じる